• ホーム
  • 喉にも感染するクラミジア!咽頭クラミジアとは?

喉にも感染するクラミジア!咽頭クラミジアとは?

心配している女性

クラミジアと聞くと、性器に感染する性病を思い浮かべる人は多いかもしれません。実はクラミジアの病原体は性器以外の粘膜にも感染して発症することがあり、咽頭部(のど)に感染する咽頭クラミジアという病気があります。咽頭クラミジアの主な感染経路は性交渉(オーラルセックス)ですが、少ないながらキスで口から口に伝染するケースもあります。

咽頭クラミジアは性交渉以外でも伝染する可能性はゼロではありませんが、ほとんどの場合はオーラルセックスが原因で感染します。性風俗店のサービスでコンドームを着用しないでオーラルセックスを行うケースが少なくありません。このため性風俗店の女性従業員の間で、このクラミジアの感染率が高いことが知られています。のどの粘膜から性器に感染する場合もあり、これは性風俗店を利用する男性で多くみられる感染経路です。

咽頭クラミジアの特徴は、感染直後の自覚症状が全くないか少ないことです。発症するとのどの腫れや痛みなどの症状が出ますが、十分な免疫力があればすぐに発症する訳ではありません。風邪をひいたり、何らかの原因で免疫力が弱くなると炎症が発症し、咽頭炎や扁桃炎を起こしてのどの奥が腫れて発赤・発熱・痛みなどの症状が出ます。ただし雑菌に感染した場合でものどの発赤や発熱が起こる場合があり、病院で診察を受けてもクラミジアであることに気づかないケースが多いです。

咽頭クラミジアに感染していても、普段は自覚症状が全く出ません。このため、病気に気づかずに他の人にうつしてしまうケースは少なくありません。咽頭炎や扁桃炎になってもクラミジアが原因であることに気づきにくいため、治療を受けずに放置する人がたくさんいます。

咽頭クラミジアを放置すると、病原菌が上咽頭(のどの上の方)から中耳に移動して中耳炎を起こす場合があります。中耳炎を起こすと治療後も難聴になる恐れがあるので、注意が必要です。唾液を通して病原体が眼球の粘膜に感染する場合もあり、結膜炎を発症する場合もあります。咽頭クラミジアを放置すると体の別の部位の粘膜に病原体が伝播して炎症を起こすリスクがあるので、早く見つけて治療を受けることが大切です。

扁桃炎や咽頭炎を発症した時に、病院でクラミジアに気づかずに3日分の抗菌薬が処方される場合があります。抗菌薬を服用することで一時的に症状が収まりますが、病原菌に感染している状態が続いている限りは何度も再発を繰り返します。咽頭クラミジアを完治させるためには、10日~2週間にわたり抗菌薬を服用し続けて病原体を死滅させる必要があります。

自覚症状が出にくい咽頭クラミジアを見つけるためには、病院で検査を受ける必要があります。綿棒でのどの粘膜を採取するか、うがい液を調べる方法で検査が行われます。陽性反応が出た場合には、10日~2週間にわたり抗菌薬を毎日服用します。性器クラミジアの治療を受けて完治させたとしても、咽頭部や他の部分の粘膜に病原体が残存している恐れがあるので注意しましょう。

関連記事
ジスロマックには成人用のドライシロップも!錠剤との違いは? 2020年05月16日

ジスロマック(アジスロマイシン)は錠剤タイプ(250mgまたは500mg錠)だけでなく、成人用ドライシロップもあります。このタイプでも有効な病原菌の種類は同じですが、服用方法や抗菌効果が持続する時間の点で錠剤タイプと違いがあります。ジスロマック成人用ドライシロップと錠剤の大きな違いは、服用後に体内で...

クラミジアの予防方法を具体的にまとめてみた 2020年04月08日

クラミジアに罹ったとしても、早期発見ができれば飲み薬だけで簡単に治療ができます。ただし発見が遅れて重症化すると不妊症になったり、入院治療が必要になるリスクがあるので、感染しないことが最善の予防方法といえます。クラミジアがうつる経路は性交渉なので、性交の際に病原菌をうつされないことが大切です。クラミジ...

クラミジアの検査方法や検査キットをご紹介! 2020年03月04日

性器クラミジアは初期症状の段階であれば飲み薬だけで簡単に治療することができますが、重症化すると長期間にわたり入院して点滴治療を受ける必要があります。女性の場合は治療開始が遅れると不妊症になる恐れがあるので、早期発見・早期治療が大切です。クラミジアは自覚症状が出にくいので、体の異変で病気を発見すること...

クラミジアの治療薬を知っておこう! 2019年11月10日

クラミジアの病原体は細菌なので、抗菌薬(抗生物質)を服用して治療をすることができます。ただしクラミジアの病原菌の細胞壁にはペプチドグリカンが含まれていないので、ペニシリン系やセフェム系抗生物質では効果が期待できません。クラミジアの治療には、ペニシリン系・セフェム系以外の抗生物質を含む治療薬が使用され...

産道感染で胎児がクラミジア肺炎に!?症状と治療方法は? 2019年12月25日

妊娠中の女性が性器クラミジアに感染していると、子宮内膜炎を発症することで胎児が流産したり、早産の危険性が高くなります。正常に分娩することができたとしても、出産の際に胎児に産道感染を起こす危険性があります。胎児がクラミジアの病原菌に感染すると、呼吸器系の症状を発症しますが、高熱などの症状が出にくいので...