• ホーム
  • クラミジアの治療薬を知っておこう!

クラミジアの治療薬を知っておこう!

薬を飲む女性

クラミジアの病原体は細菌なので、抗菌薬(抗生物質)を服用して治療をすることができます。ただしクラミジアの病原菌の細胞壁にはペプチドグリカンが含まれていないので、ペニシリン系やセフェム系抗生物質では効果が期待できません。クラミジアの治療には、ペニシリン系・セフェム系以外の抗生物質を含む治療薬が使用されます。

性器クラミジアの治療で一番多く用いられる治療薬は、ジスロマックです。ジスロマックの有効成分はアジスロマイシンで、これはマクロライド系抗生物質のひとつです。マクロライド系抗生物質は、病原菌の細胞を作るために必要なタンパク質の合成を阻止する働きがあります。タンパク質は細胞内にあるリボソームと呼ばれる器官で合成されますが、アジスロマイシンはリボソームと結合して活動を停止してしまいます。マクロライド系抗生物質は病原菌のタンパク質を阻止することで、抗菌効果を発揮します。

ジスロマックのほかにも、マクロライド系抗生物質のクラリスロマイシンが配合されたクラリシッド錠も治療に用いられる場合があります。クラリシッド錠の有効成分(クラリスロマイシン)はアジスロマイシンとよく似ており、細菌のリボソームと結合してタンパク質の合成を阻止します。クラリシッド錠は性病以外にも、気管支炎や肺炎の治療にも使用されます。

ジスロマックやクラリシッド錠のほかにも、クラミジアの治療薬としてミノマイシン錠も有効です。ミノマイシンの有効成分はミノサイクリンで、これはテトラサイクリン系抗生物質のひとつです。テトラサイクリン系抗生物質も、細菌のリボソームに結合してタンパク質の合成を止める働きがあります。ただし、マクロライド系抗生物質とは違う部分に結合する性質を持ちます。

クラミジア感染症にはニューキノロン系抗生物質も有効で、クラビット錠が処方される場合もあります。クラビットの有効成分はレボフロキサシン水和物で、細菌が増殖する際にDNAの複製を阻止する作用を持ちます。DNAのコピーに失敗すると細菌は分裂することができなくなり、増殖が止めることで抗菌効果を発揮します。クラビット錠はマクロライド系やテトラサイクリン系抗生物質とは違うメカニズムで作用するので、これらの抗菌薬が効かない場合などにニューキノロン系抗生物質が使用されます。

クラミジアの治療薬にはいくつかの種類があり、病原菌の薬剤耐性の有無や感染部位・症状に応じて適切な薬を選ぶ必要があります。性器クラミジアに感染して初期症状の段階であれば、副作用が少なくて安全性の高いジスロマックが使用されます。ジスロマックを服用しても治療に失敗したり、咽頭部にも病原体が感染している場合には抗菌力が強い別の薬を服用する必要があります。いずれの治療薬も有効成分が抗生物質(抗菌薬)なので、日本国内では一般向けには販売されていません。これらの治療薬を入手するためには病院や診療所で医師の診察を受けるか、海外向けに販売されている商品を個人輸入する必要があります。病院で処方してもらうよりも通販サイトで購入した方が治療費は安く済むので、ジスロマックを通販してクラミジアを完治させるのがおすすめです。

関連記事
ジスロマックには成人用のドライシロップも!錠剤との違いは? 2020年05月16日

ジスロマック(アジスロマイシン)は錠剤タイプ(250mgまたは500mg錠)だけでなく、成人用ドライシロップもあります。このタイプでも有効な病原菌の種類は同じですが、服用方法や抗菌効果が持続する時間の点で錠剤タイプと違いがあります。ジスロマック成人用ドライシロップと錠剤の大きな違いは、服用後に体内で...

クラミジアの予防方法を具体的にまとめてみた 2020年04月08日

クラミジアに罹ったとしても、早期発見ができれば飲み薬だけで簡単に治療ができます。ただし発見が遅れて重症化すると不妊症になったり、入院治療が必要になるリスクがあるので、感染しないことが最善の予防方法といえます。クラミジアがうつる経路は性交渉なので、性交の際に病原菌をうつされないことが大切です。クラミジ...

クラミジアの検査方法や検査キットをご紹介! 2020年03月04日

性器クラミジアは初期症状の段階であれば飲み薬だけで簡単に治療することができますが、重症化すると長期間にわたり入院して点滴治療を受ける必要があります。女性の場合は治療開始が遅れると不妊症になる恐れがあるので、早期発見・早期治療が大切です。クラミジアは自覚症状が出にくいので、体の異変で病気を発見すること...

産道感染で胎児がクラミジア肺炎に!?症状と治療方法は? 2019年12月25日

妊娠中の女性が性器クラミジアに感染していると、子宮内膜炎を発症することで胎児が流産したり、早産の危険性が高くなります。正常に分娩することができたとしても、出産の際に胎児に産道感染を起こす危険性があります。胎児がクラミジアの病原菌に感染すると、呼吸器系の症状を発症しますが、高熱などの症状が出にくいので...

クラミジアで不妊症になることも?放置はダメ!絶対 2020年01月14日

女性が性器クラミジアに感染して発症しても、重症化しないと発熱や強い痛みなどの自覚症状が出にくいという特徴があります。病原体が感染すると最初に膣の奥の方にある子宮口で炎症(子宮頸管炎)を発症しますが、治療をしないで放置すると病原菌が奥の方に進んでしまいます。病原体が子宮の内部に達すると子宮内膜炎を起こ...