• ホーム
  • クラミジアで不妊症になることも?放置はダメ!絶対

クラミジアで不妊症になることも?放置はダメ!絶対

考えている女性

女性が性器クラミジアに感染して発症しても、重症化しないと発熱や強い痛みなどの自覚症状が出にくいという特徴があります。病原体が感染すると最初に膣の奥の方にある子宮口で炎症(子宮頸管炎)を発症しますが、治療をしないで放置すると病原菌が奥の方に進んでしまいます。病原体が子宮の内部に達すると子宮内膜炎を起こし、卵管に移動すると卵管炎を発症します。

女性患者の場合は生殖器官の各部位で炎症を発症しながら重症化しますが、8割近くの人はこの段階でも無症状です。細菌が腹腔内に移動して肝周囲炎を発症すると強い痛みの症状が出ますが、それまでは病気に気づかずに放置されるケースが少なくありません。

女性が性器クラミジアに感染して放置すると、本人が気づかない間に子宮頸管炎・子宮内膜炎・卵管炎などを発症します。生殖器官で炎症が起こると、病気を治療して完治した後に不妊症になるリスクが非常に高くなるので注意が必要です。

病原菌が卵管に移動して炎症が起こると、卵管が癒着して卵子の通り道が狭くなったり塞がってしまいます。卵子が卵巣から子宮に移動する時に卵管通過障害を起こすと、妊娠ができなくなったり子宮外妊娠を起こすリスクがあります。一度癒着して狭くなった卵管は二度と元に戻らないので、クラミジアが完治しても卵管通過障害による不妊症になってしまいます。

クラミジアが恐ろしいのは、女性の生殖器官で炎症を発症して不妊症になっても自覚症状が出にくいことです。知らない間に卵管で炎症が起こってしまい、病気に気づいた頃には既に不妊症になってしまっていたというケースが少なくありません。

女性が性器クラミジアに感染して初期症状を発症すると、おりものや不正出血などの異変に気づく場合があります。これらの症状は軽いので、見過ごして放置されてしまうケースが少なくありません。何らの異変に気づいたら、すぐに検査を受けて治療を開始することが大切です。症状が軽いという理由で、治療を受けずに放置することは非常に危険です。

日本国内では、性器クラミジアは10代後半~20代の若い女性の間で感染者数が急増しています。もしも感染して病気に気づくのが遅れると、一生子供が作れない体になってしまう恐れがあります。若い女性が不妊症であることが発覚すると結婚が難しくなる場合がありますし、結婚後に子供が作れないことが大きなストレスになる場合があります。中には不妊症であることに負い目を感じて鬱病になったり、アルコール依存に陥ったり自殺に至る人もいます。

都市部では子供を作らない夫婦も少なくありませんが、多くの地方では子供を作るのが当たり前と考えられています。結婚後に子供ができないことで義父母や親戚から白い目で見られたり、後継者を必要とする会社経営者や地主などであれば離婚を迫られることもあります。不妊症になると、その後の人生に大きな悪影響が及ぶ場合があるので注意しましょう。

性器クラミジアは治療薬で簡単に治療することができますが、治療が遅れると不妊症になる危険性があることを理解しておくべきです。早めに治療をすれば不妊症にならずに済むので、何らかの異変に気づいたらすぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

関連記事
ジスロマックには成人用のドライシロップも!錠剤との違いは? 2020年05月16日

ジスロマック(アジスロマイシン)は錠剤タイプ(250mgまたは500mg錠)だけでなく、成人用ドライシロップもあります。このタイプでも有効な病原菌の種類は同じですが、服用方法や抗菌効果が持続する時間の点で錠剤タイプと違いがあります。ジスロマック成人用ドライシロップと錠剤の大きな違いは、服用後に体内で...

クラミジアの予防方法を具体的にまとめてみた 2020年04月08日

クラミジアに罹ったとしても、早期発見ができれば飲み薬だけで簡単に治療ができます。ただし発見が遅れて重症化すると不妊症になったり、入院治療が必要になるリスクがあるので、感染しないことが最善の予防方法といえます。クラミジアがうつる経路は性交渉なので、性交の際に病原菌をうつされないことが大切です。クラミジ...

クラミジアの検査方法や検査キットをご紹介! 2020年03月04日

性器クラミジアは初期症状の段階であれば飲み薬だけで簡単に治療することができますが、重症化すると長期間にわたり入院して点滴治療を受ける必要があります。女性の場合は治療開始が遅れると不妊症になる恐れがあるので、早期発見・早期治療が大切です。クラミジアは自覚症状が出にくいので、体の異変で病気を発見すること...

クラミジアの治療薬を知っておこう! 2019年11月10日

クラミジアの病原体は細菌なので、抗菌薬(抗生物質)を服用して治療をすることができます。ただしクラミジアの病原菌の細胞壁にはペプチドグリカンが含まれていないので、ペニシリン系やセフェム系抗生物質では効果が期待できません。クラミジアの治療には、ペニシリン系・セフェム系以外の抗生物質を含む治療薬が使用され...

産道感染で胎児がクラミジア肺炎に!?症状と治療方法は? 2019年12月25日

妊娠中の女性が性器クラミジアに感染していると、子宮内膜炎を発症することで胎児が流産したり、早産の危険性が高くなります。正常に分娩することができたとしても、出産の際に胎児に産道感染を起こす危険性があります。胎児がクラミジアの病原菌に感染すると、呼吸器系の症状を発症しますが、高熱などの症状が出にくいので...