• ホーム
  • 【番外編】猫もクラミジア感染を起こす?どんな症状が出るの?

【番外編】猫もクラミジア感染を起こす?どんな症状が出るの?

クラミジアと聞くと人間の性病を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、動物もクラミジアに罹る場合があります。身近なものであれば猫クラミジアと呼ばれる病気があり、これは猫が感染すると発症するクラミジアです。これは人間のクラミジアとは異なり、クラミジア・フェリスと呼ばれる細菌が原因で発症する病気です。

この感染症の感染経路ですが、感染・発症している猫のくしゃみや鼻水などの飛沫感染があります。猫同士のグルーミングや喧嘩などにより、目・口・鼻などが接触することが感染経路となって病原菌に感染するケースも少なくありません。ほかにも、糞便や分泌物を通して接触感染をする場合もあります。1頭だけで室内で飼育している場合は感染する可能性は低いですが、多頭飼育をしていたり家の外に出歩く際にほかの猫からうつされる場合があります。この病気は基本的に人間にうつることはありませんが、病原菌が付着した手で人間が目をこすると結膜炎を発症する恐れがあるので注意しましょう。

猫クラミジアの症状ですが、感染後に3~10日後に粘着性の高い目ヤニが出たり結膜炎を発症するケースが多いです。目ヤニや結膜炎に加えて、鼻水や咳・くしゃみが出て人間の風邪のような症状が出る場合もあります。十分な体力があれば自然治癒する場合がありますが、慢性化すると気管支炎や肺炎などの合併症を起こす恐れがあるので注意が必要です。体力の弱い子猫が肺炎などの合併症を発症すると、死亡してしまう場合があります。

猫クラミジアの治療方法ですが、病原菌に有効な抗生物質を投与します。結膜炎であれば点眼薬を使用し、全身症状を発症している場合には飲み薬で治療します。病原体に対してペニシリン系抗生物質は効果がないので、テトラサイクリン系・マクロライド系・ニューキノロン系抗菌薬が使用されます。薬を服用すると症状が改善されますが、病原菌が体内に残っていると再発する恐れがあります。このため、症状が収まっても2週間以上にわたり抗菌薬を投与し続けることが求められます。

動物用の抗菌薬でも、人間と同じように下痢などの消化器系の副作用が出る場合があります。治療期間中は食欲不振になったり、吐く場合があるので注意しましょう。非常に稀ですが、抗生物質に対するアレルギー反応(アナフィラキシーショック)を起こす場合があります。

病原体の検査方法ですが、結膜の細胞を採取して光学顕微鏡で観察して病原菌の有無を調べる方法が一般的です。免疫力が弱くなっている場合には、別の病原体にも感染しているケースがあります。

猫クラミジアを予防するために、1頭だけで室内で飼育をする方法があります。多頭飼育をしていたり、自由に外に出入りする場合には飛沫感染や接触感染の恐れがあるので、5種または7種混合ワクチン接種により感染の予防ができます。3種混合ワクチンでは予防ができないので、室外に出す場合は感染予防対策を講じることが必要です。

関連記事
ジスロマックには成人用のドライシロップも!錠剤との違いは? 2020年05月16日

ジスロマック(アジスロマイシン)は錠剤タイプ(250mgまたは500mg錠)だけでなく、成人用ドライシロップもあります。このタイプでも有効な病原菌の種類は同じですが、服用方法や抗菌効果が持続する時間の点で錠剤タイプと違いがあります。ジスロマック成人用ドライシロップと錠剤の大きな違いは、服用後に体内で...

クラミジアの予防方法を具体的にまとめてみた 2020年04月08日

クラミジアに罹ったとしても、早期発見ができれば飲み薬だけで簡単に治療ができます。ただし発見が遅れて重症化すると不妊症になったり、入院治療が必要になるリスクがあるので、感染しないことが最善の予防方法といえます。クラミジアがうつる経路は性交渉なので、性交の際に病原菌をうつされないことが大切です。クラミジ...

クラミジアの検査方法や検査キットをご紹介! 2020年03月04日

性器クラミジアは初期症状の段階であれば飲み薬だけで簡単に治療することができますが、重症化すると長期間にわたり入院して点滴治療を受ける必要があります。女性の場合は治療開始が遅れると不妊症になる恐れがあるので、早期発見・早期治療が大切です。クラミジアは自覚症状が出にくいので、体の異変で病気を発見すること...

クラミジアの治療薬を知っておこう! 2019年11月10日

クラミジアの病原体は細菌なので、抗菌薬(抗生物質)を服用して治療をすることができます。ただしクラミジアの病原菌の細胞壁にはペプチドグリカンが含まれていないので、ペニシリン系やセフェム系抗生物質では効果が期待できません。クラミジアの治療には、ペニシリン系・セフェム系以外の抗生物質を含む治療薬が使用され...

産道感染で胎児がクラミジア肺炎に!?症状と治療方法は? 2019年12月25日

妊娠中の女性が性器クラミジアに感染していると、子宮内膜炎を発症することで胎児が流産したり、早産の危険性が高くなります。正常に分娩することができたとしても、出産の際に胎児に産道感染を起こす危険性があります。胎児がクラミジアの病原菌に感染すると、呼吸器系の症状を発症しますが、高熱などの症状が出にくいので...